2008年09月07日

「長崎くんち奉納踊り」無形民俗文化財

「長崎くんち奉納踊り」国指定重要無形民俗文化財
 「長崎くんち」がほぼ現在のように整備されたのは、長崎の市街が77町、丸山・寄合・出島3町を合わせて総町80町(内町26町・外町54町)となった1672年(寛文12)からであるが、当時はまだ傘鉾飾りも簡略であり、龍踊り・鯨引き・コッコデショもなかった。

1716年〜89年(享保〜寛政年間)頃、龍踊り(蛇踊)は奉納されたと言われる。
1778年(安永7) 初めて鯨引き(鯨の潮吹き)が奉納される。
1799年(寛政11) 初めてコッコデショ(壇尻)が奉納される。

 戦後の「長崎くんち」には町名の変更、習慣等の変化もあったが、「長崎くんち奉納踊りの行事は、長崎独特の文化的伝統を多く伝えているもの」として昭和54年2月3日「国指定重要無形民俗文化財」として指定された。
posted by 太鼓山 at 08:41| 長崎 ☀ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

諏訪神事・華美禁止の令

諏訪神事を改革、華美禁止の令
 1868年(明治元) 長崎府知事・澤宣嘉が諏訪神事を改革、華美禁止の令をだす。
 澤宣嘉は長崎に来て、「長崎くんち」の華美に驚き次のような厳令を下した。
 (1)傘鉾は直径4尺(1.2m)、飾りは町名をしるす程度にし。その他は一切禁止
 (2)奉納踊りは全廃
 (3)神輿行列は、お供町11町から1町各3人の33人が武者姿で供奉
 (4)丸山・寄合町だけは例外として傘鉾と小舞の奉納を許す
など殺風景なものとなった。

1870年(明治3)知事が代わり、昔の姿を取りもどす。

1875年(明治8)「長崎くんち」の日程を太陽暦に改め、10月7日・8日・9日となる。
長崎公園が開設され、諏訪神社の境内も3,177坪と縮小された。
posted by 太鼓山 at 09:15| 長崎 ☀ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

流鏑馬場・長坂

諏訪神社流鏑馬場(やぶさめば)
 諏訪神社参道から松の森神社までの通りで、江戸時代、流鏑馬が行なわれていた。流鏑馬とは一直線に駆ける馬上から的に鏑矢を射る、日本の伝統的な儀式のことである。諏訪神社の神事「長崎くんち」の還御(9日)が終了し、湯立神事後、ここ流鏑馬場で流鏑馬が行なわれていた。

諏訪神社の長坂(ながざか)
 長坂は諏訪神社大門の前にある73段の坂段(石段)のことで、毎年、この場所で秋季大祭「長崎くんち」の奉納踊がある。1722年(享保7)高木作衛門が長坂を改修以後73段となる。
posted by 太鼓山 at 08:41| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

松の森神社

松の森神社

 肥前松浦郡の川上久右衛門光久所有の菅原道真直筆と称する霊像が様々な奇跡をおこし、今博多町の自宅側に祠を祀り天満宮と名づけ人々の信仰を受ける。
1625年(寛永2)今博多町の自宅側の天満宮の祠を同町中島川畔に創建。
1631年(寛永8)霜月25日初めて例祭を執行
1642年(寛永19)神祇管領吉田兼里から神道裁許状を受領。長崎新天神と称する。
1656年(明暦2)今博多町の天満宮を西山郷円山(現在地)の諏訪神社鎮座跡地に遷座。除租地となる。祭神は天日穂命、菅原道真、父君菅原是善。
1680年(延宝8)長崎奉行牛込忠左衛門が松森神社(松森天満宮)の名称の基になった句、「涼しさや御影とたのむ松の森」を詠じ、神前に奉納。
1720年(享保5)朱印地に準ぜられる。
1713年(正徳3)長崎奉行久松忠次郎定持らが松森神社を大改修。本殿周囲を飾る「職人尽(ほり物)」30枚が奉納される。彫刻者は御用指物師喜兵衛・同藤右衛門。長崎奉行御用絵師小原慶山が下絵を描く。
1831年(天保2)「職人尽(ほり物)」に石崎融思が彩色する。
posted by 太鼓山 at 11:28| 長崎 ☀ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

正保から大正の諏訪神社

正保から大正の諏訪神社

1647年(正保4)旧神宮寺の旧跡「玉園山」の一区を社地として下賜される。
1648年(慶安1)諏訪社が神宮寺の寺号を賜い玉園山神宮寺と改称
1651年(慶安4)西山郷圓山(現松の森)から移る。壮大な社殿が旧神宮寺の旧跡、「玉園山」の地に完成。遷宮
1669年(寛文9)神社諏訪神社が朱印地となる。
1683年(天和3)諏訪社が玉園山神宮寺の寺号を廃して神道一式となる。
1723年(享保8)諏訪神社が正一位に叙せられた
1857年(安政4)諏訪神社の社殿回廊がことごとく火災で焼失する。(神璽は西山妙元社に移される)
1869年(明治2)諏訪神社が復興される。
1872年(明治5)県社に列せられる。
1881年(明治14)準国幣社に列せられる。
1895年(明治28)国幣小社に列せられる。
1915年(大正4)国幣中社に列格し、第二次大戦後は神社本庁の別表神社となった。
posted by 太鼓山 at 09:28| 長崎 ☀ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

鎮西大社諏訪神社御祭神

三社御神紋
三社御神紋
長崎の国幣中社、鎮西大社諏訪神社に合祀される三社の御神紋
 諏訪社「鬼立ち梶の葉」・森崎社「左三つ巴」・住吉社「荒枝付右三蓋松」

鎮西大社諏訪神社御祭神
主祭神
 ○ 諏訪大神【建御名方神(たけみなかたのかみ)・八坂刀売神(やさかとめのかみ)】武神・厄除けの神
相殿神
 ○ 住吉大神【表筒之男神(うわつつのおのかみ)・中筒之男神(なかつつのおのかみ)・底筒之男神(そこつつのおのかみ)】海上守護の神
 ○ 森崎大神(伊邪那枝神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)万物創生・縁結びの神
posted by 太鼓山 at 08:49| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

森崎社の神輿

森崎社(森崎大権現)の神輿
 1705年(宝永2) 9月7日、諏訪神事に初めて森崎社の神輿が諏訪・住吉二社とともに御旅所大波戸に渡御となる。「長崎くんち」が始まってから72年後である。
森崎社が祀られていた場所の諸説
 旧小島村字尾崎(現・丸山町)に、長崎開港以前より、ここ尾崎には住吉明神(住吉神社)と森崎権現(森崎社)が祀られてあり、両社は長崎開港後、キリシタンによる迫害で破却され姿をけすが、住吉社だけは修験者の青木賢清によって再興され、1625年(寛永2)西山郷圓山(現在の松森神社)に諏訪社と合わせて再建とされという説と、長い岬の突端(現・県庁)、岬の教会(被昇天のサンタ・マリア教会)付近に森崎社が祀られていたと言う説がある。
posted by 太鼓山 at 09:49| 長崎 ☔ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

オランダ・唐人の「長崎くんち」見物

オランダ人と唐人の「長崎くんち」見物の初め
 1654年(承応3)、この年より出島在留オランダ人が初めて大波戸御旅所の桟敷で諏訪神事「長崎くんち」渡御と奉納踊を見物する。
 唐人の見物の初めは、唐人の願いにより、1691年(元禄4)の諏訪神事から大波戸の御旅所での諏訪大祭の奉納踊りの見物が許されている。[許可されたのは翌年の1692年(元禄5)とする説もある]
posted by 太鼓山 at 09:55| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

「長崎くんち」踊り町慣習

「長崎くんち」踊り町の従来の慣習
 1655年(明暦元)から63町を6分して6年一巡と改め、踊り町は、今年は11町・翌年は10町の奉納と変更。丸山、寄合町は従来通り毎年、踊りを奉納。(出島、丸山、寄合町を含め全66ヵ町)
 1672年(寛文12)、丸山、寄合町両町を除く踊り町を77ヵ町とし、毎年11ヵ町ずつ7年廻りとなる。丸山、寄合町は従来通り毎年、踊りを奉納(出島、丸山、寄合町を含め全80ヵ町)
 寄合町は1962年(昭和37)まで、丸山町は1965年(昭和40)まで奉納し出場を最後に辞退。
 1945年(昭和20)以降、奉納を辞退する町が相次ぎ、1955年(昭和30)代になって町界町名変更などが行なわれ奉納町が激減する。
posted by 太鼓山 at 10:12| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

「長崎くんち」のはじめ

「長崎くんち」のはじめ
1634年(寛永11)、この時に奉納した踊り町
 21町の踊り町を前日9月7日に11町、後日9月9日に10町に分ける。
この年、丸山・寄合町の遊女町はまだできていない。

7日奉納11町…船津町、本博多町、樺島町、平戸町、新紙屋町、麹屋町、馬町、本鍛冶屋町、浜町、銀屋町、諏訪町
9日奉納10町…榎津町、古川町、本紙屋町、新大工町、磨屋町、毛皮屋町、大村町、本五島町、今町、金屋町
posted by 太鼓山 at 13:53| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。