2008年02月02日

唐人屋敷と薬草園跡

薬草園跡(旧長崎村十善寺郷字館内)
 長崎氏がこの地を領有していた頃、十禅師八王子を祀っていた十禪寺(現館内町・年代不明)があったが、1587年(天15)、長崎甚左衛門が長崎を退去後、寺はキリシタンによって焼却された。此処に会堂が建てられ、会堂には薬草園が設けられた。しかし1614年(慶長19)のキリシタン禁教令によって会堂は破却され姿を消した。1616年(元和2)、耶蘇会(イエズス会)で作っていた十善寺の薬草園の跡地は長崎代官の末次平蔵によって管理するようになり、オランダ船や唐船から持ち込まれた薬草木を栽培する施設となる。しかし、末次家は密貿易による不祥事で滅亡し、1676年(延宝4)、末次氏4代目没落後は町年寄たちが支配していたが、1680年(延宝8)から幕府経営の本格的薬草園と変わる(8,766坪)。そして此の地での薬草園は1688年(元禄元)の唐人屋敷建設まで続き、この後、立山奉行所内に移植された〔1688年(元禄元)〜1720年(享保5)〕。1720年(享保5)、天満宮祠の跡地と天神山(現在の活水大の裏山手)にあった小島郷の天草代官所空き地を開墾し移転します〔十善寺郷十人町(面積1,180坪)〕。最終的には1810年(文化7)西山郷に移され〔西山郷松の森神社裏手(面積1,218坪)〕、1870年(明治3)まで続いた。
 当時、長崎薬草園において栽培したものを日本各地の薬草園に移植する。
posted by 太鼓山 at 10:14| 長崎 | 中国(唐)文化と長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

唐人屋敷散策(福建会館)

福建会館(長崎市指定有形文化財:正門・天后堂 平成12年)
福建会館正門 福建会館(星聚堂ともいう)は、1868年(明治元)に福建省泉州出身者により聖人堂(孔子廟)の跡に創設された「旧八閩(はちびん)会所」で、媽姐(まそ)神を祀る唐寺。1888年(明治21)焼失。その後、1897年(明治30)再建され、福建会館と改称された。
 会館本館の建物は原爆により倒壊し、正門と天后堂のみが現存している。正門は、三間三戸の藥医門形式で、中国風の要素も含んでいるが、組物の形式や軒返り絵様の細部など、主要部分は和式の造りとなっている。 外壁煉瓦造りの天后堂は架構法なども純粋な中国式、一部木鼻や欄間は和式。
境内には孫文の銅像が建立されている。
福建会館天后堂孫文の銅像

posted by 太鼓山 at 09:47| 長崎 ☀| 中国(唐)文化と長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

唐人屋敷散策(観音堂)

観音堂(かんのんどう)市指定史跡(昭和49年10月15日
観音堂 瓢箪池の奥の石の刻字で「元文2年(1737)…」に建立されたと思われる。1784年(天明4)に焼失し、1787年(天明7)に再建され、その後、数回の改修があった。現存する建物は、1917年(大正6)に、華商の鄭永超が改築したもの。基壇には「合端(あいば)積み」の石積技法が見られ、沖縄的な要素もうかがえる。 本堂には観世音菩薩と関帝が祀られている。観世音菩薩は中国民衆に、慈悲深い神として慕われている菩薩である。入口のアーチ型石門は唐人屋敷時代のものと言われている。
アーチ型石門再建の石の刻字

基壇左上写真・唐人屋敷時代のアーチ型石門
右上写真・基壇に刻まれた再建の年号
左写真・基壇の「合端積み」




posted by 太鼓山 at 08:54| 長崎 ☁| 中国(唐)文化と長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

日本へ伝来した中国の遊び

長崎拳(ながさきけん)
 元禄年間(1688〜)に長崎拳(ながさきけん)あるいは本拳(ほんけん)、崎陽拳、数拳などと呼ばれる拳遊び(お座敷遊び)が中国より長崎へ伝来し酒席で遊ばれた。
 拳(けん)とは、手の平や指をいろいろな形にして勝負を競う遊び。古くから長崎の唐人屋敷で盛んに行われた遊戯で、何種類もの拳があった。本拳(長崎拳)は一般に行われていて、他に猜(けものへんに)拳(せいけん)、太平拳、虫拳(ちゅうけん)、交拳(こうけん)、虎拳(こけん)、庄屋拳、七玉拳(しちぎょくけん)などがある。江戸時代を通して行われ、京・大阪まで広がった。酒席の余興に行われ、一拳ごとに負けた人に酒杯を勧めるといった趣向であった。そのうちのいくつかは子供の間でも行われるようになり、じゃんけん遊びとなる。
posted by 太鼓山 at 09:36| 長崎 ☀| 中国(唐)文化と長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

土神

土神(どしん)
 中国の風習と関係の深い民間信仰神・土神(土地や家を守り、豊作の神様として中国では広く信仰されている)。
土神(どしん) 長崎の墓所では、墓碑の横に「土神」(長崎では“つちがみさま”と呼んでいる)と刻み込まれた石碑を祀っている墓が多いのも長崎の墓の特徴である。墓所を土地神から借りるので土地神を祀る。唐人屋敷に土神堂ができたのち、唐通事や帰化唐人から長崎市民へ広まったものと思われる。
 「長崎墓所一覧」には、「唐人屋敷に土神堂ができたのち、唐通事の墓に、本山土地正神、土地神、福徳土后などが出来始めてから日本人が真似し始めたのではないか」と説明され、それに、多くの呼称があったことも紹介されている。土地霊・土祀・土地神公・地神・土荒神など約20種類が上げられている。
 日本にも土地を治める神として、屋敷神・荒神・地荒神・地主様などと呼ばれる神々がいて、墓所をつくる時などは一時的にその場所を土地の神から借りるという意味で祭祀されてきた。長崎の土神と全く同じ意味があり、日本へは古くから中国の影響があったことが指摘されている。


posted by 太鼓山 at 08:46| 長崎 ☁| 中国(唐)文化と長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

長崎の中国食文化5

長崎のちゃんぽん(チャンポン)
 一般的にちゃんぽん具材は、必ず欠かせないのがキャベツ、ネギ、モヤシといった野菜類に豚肉、イカ、エビ、それに長崎特有のはんぺん(紅白蒲鉾)、椎茸、筍、木耳(きくらげ)、そして季節ごとに変わるアサリ貝(夏場)、牡蠣(冬場)といった貝類で、季節ごとに違う味わいができるというのもちゃんぽんの魅力。これらの具材を炒め、豚骨と鶏ガラで取ったスープを加えて味を調える。そこにちゃんぽん用の中華麺を入れて煮立て、器に盛る。具沢山の麺料理である。
唐灰汁麺(とうあくめん)
 唐灰汁とは、中国で産する天然の混合炭酸塩を水に溶かしたもので“かんすい”(かん(木へんに見るの字を書く)水・乾水・漢水)ともいわれ、アルカリ性が強い。これでデンプンを処理すると特有の臭いと粘りがでるため、主に中華麺や中華粽(ちまき)の製造に用いられる。長崎では、現在でも中国から輸入唐灰汁が使われている。
 長崎のちゃんぽん麺も、小麦粉に唐灰汁を配合した、唐灰汁麺なのだ。餃子やワンタンの皮や饅頭の原料にもなっているという。端午の節句に頂く長崎特有の粽(木綿袋に餅米を詰めて蒸す粽)にもこの唐灰汁が入っている。
posted by 太鼓山 at 08:13| 長崎 ☁| 中国(唐)文化と長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

長崎の中国食文化4

ちゃんぽん(チャンポン)
 ちゃんぽんは長崎を代表する郷土料理である。深い関わりのあった中国の影響を受けて長崎で工夫されたもので、日中混合の庶民の味として、長崎名物のひとつとなっている。
※ちゃんぽんの語源には諸説がある。
1. 中国、福建省の方言で簡単な御飯の意味の、喰飯(シャンポン)がなまったもの。
2. ポルトガル語の「チャンポン(混ぜる・混合する)」がなまったもの。
3. 当時の中国人の呼び方である「チャン」と日本人の「ポン」を取ってチャンポンと名付けた。
など、料理の特徴と同じように語源まで諸説が混合している。

※ちゃんぽんの由来も諸説がある。
 「明治初年、長崎人である本吉某が、丸山にて支那うどんを“ちゃんぽん”と名付けて開業したもので、ついに“ちゃんぽん”は支那うどんの固有名詞となった」と文献に残されている。
 また、福建省の人たちが長崎市内(現在の新地中華街)に出て、庶民相手に商売をするようになった明治32年頃、四海楼の初代陳平順が長崎に来ていた中国人留学生にうまくてボリュームがあり、栄養価が高く安価なメニューをと、コクのあるスープに新鮮な魚介類をふんだんに使った麺料理を考案し、ちゃんぽん(チャンポン)と名付けたとも言われている。
どの説も、麺好きの日本人の嗜好を巧みにとらえ、その名の通り日本と中国をちゃんぽん(混合)にした料理と言える。
posted by 太鼓山 at 09:42| 長崎 ☁| 中国(唐)文化と長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

長崎の中国食文化3

卓袱料理
 卓袱料理(しっぽくりょうり)は中国料理の影響を強く受けた長崎市の郷土料理で、数人が円卓を囲み食する中国式の会食膳。
 和食、洋食(南蛮・阿蘭陀)、中国料理の要素が互いに交じり合っていることから、和華蘭料理(わからんりょうり)とも評される。長崎人の口にあうように調理された、長崎ならではの料理となっている。
 卓は「食卓」で、袱は「テーブルかけ」の意味で、“中国風の食卓を覆う布”。また、「中国風の脚の高い食卓」の事をいうようになったという説など、一般には、本来食卓の事を意味するとされており、料理形式を表わしている。
 長崎の卓袱料理の品々は、御鰭(おひれ・鯛の身と鰭が入った吸い物)から始まって、小菜盛が4皿、中鉢、大鉢、丼物、梅椀と続くが、中国風の影響が随所に見られる。豚の角煮、豚肉や鶏肉などを料理の素材として、あるいは鱧(はも)の湯引きや海鼠(なまこ)など中華料理の伝統を引くものが組み込まれている。
posted by 太鼓山 at 09:21| 長崎 ☔| 中国(唐)文化と長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

長崎の中国食文化2

中華料理
 長崎との関係が深い福建省の福州や厦門は広東料理の中心地の一つであるが、直接には福建料理が伝わったものである。
 長崎の中華料理は中国における料理そのものではなく長崎風になってしまっている。
 餃子やシュウマイ、麺類(チャンポン・皿うどん・ラーメン)も中華料理の一つであるが、その中心ともいえる会食膳は次のようなものである。
 主な料理は、前菜がピータン(あひるの卵を食塩、石灰、炭酸ソーダや灰、もみ殻などを混ぜ合わせた泥状のもので包み、数十日間熟成させたもの)・鶏の冷肉・海月の細切りなどの盛り合わせ、鉢物で海老の辛子煮、春巻き、豚の角煮にそれを挟む饅頭が付く。さらに八宝菜、蟹玉、大鉢で鱶鰭のスープ。終わり近くに芋の甘露煮、揚げボールなど。いずれの料理も豚肉や鶏肉、魚介類がよく使われているのが特徴。中国風に円卓を数人で囲んで会食する。
posted by 太鼓山 at 09:06| 長崎 ☁| 中国(唐)文化と長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

長崎の中国食文化1

長崎の中国食文化
 一般に中華料理といわれるものが中国料理であり、長崎の中国料理は、主に福建地方から伝わっている。福建料理は、料理素材それぞれに下味を付けることが多く、また、香辛料もよく使われ、材料に海産物が使われることが特徴の一つである。
 「長崎史・風俗編」によると、唐人屋敷が設けられた1689年(元禄2)頃には、中国料理を専門にした料理人が35〜36人も長崎にはいたという。
普茶(ふちゃ)料理
 中国の黄檗寺院で行われた精進料理で、隠元ら黄檗宗の僧によって長崎へ伝えられ、中国系の寺院で普茶料理として広まった。普茶料理の「普茶」というのは黄檗禅の「普く茶を供す」ということになるが、比較的簡素な食事である。
 料理の特色は、肉、魚類を一切使わない全くの精進料理で、材料は全て植物性のものを用いる。出汁は昆布や椎茸を使い、豆腐や胡麻が使われ栄養値は高い。主な料理に、巴饅頭(桃饅頭を油で揚げたもの)や昼夜揚げ(山芋または豆腐・海苔を使い鰻の蒲焼に似せた物、いわゆる“もどき料理”)、雲片(料理の際に使った食材の切りくずをアンかけにしたもの。食材の一切を使い切るという普茶料理の精神)などがあり、大きな器に盛られた円卓を何人かで囲み、それを自分の取り皿へ取り頂く。この普茶料理は、長崎の精進料理に大きな影響を与えた。
posted by 太鼓山 at 08:53| 長崎 ☁| 中国(唐)文化と長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。