2012年03月06日

長崎・あびき

3月は「あびき」が多く発生する時期です。 
 あびきとは長崎湾で発生する副振動のことをいい、30〜40分周期で海面が上下振動します。過去には大きなあびきで係留していた船舶の流失や低地での浸水被害が発生しています。 あびきの語源は早い流れのため魚網が流される「網引き」に由来すると言われています。現在は長崎に限らず、九州西方で発生する同様な現象に対して広く用いられるようになっています。
副振動とは数十分周期の港湾の振動で、長方形の容器に水を入れ、一方の端を持ち上げて少し傾けてから元に戻すとしばらく水全体が左右に振動するのと同じ現象です。
 ※ あびきの発生原因などについてわかりやすく解説したリーフレット『潮位の「副振動」って知っていますか?』が長崎海洋気象台で作成(PDF形式)されてあります。
PDF形式の解説を見るにはAdobe社Adobe Readerが必要です。
参考資料 長崎海洋気象台

posted by 太鼓山 at 10:19| 長崎 ☔ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

桜前線(3回)

桜前線 3回 日本気象協会発表を参考としています。
 2012年の桜(ソメイヨシノほか)の開花日と満開日は、九州・四国・中国・近畿・東海・関東・北陸地方は平年より2〜4日遅い所が多く、甲信・東北地方と北海道は平年とほぼ同じ日でしょう。
本文
 2012年2月の気温は、ほぼ全国的に平年より低くなりました。このため、桜の花芽の生長はやや遅れていると考えられます。3月は次第に春らしくなり1ヶ月を通した気温は平年並みか平年より高くなりますが、中旬から下旬頃に寒の戻りがあるでしょう。4月から5月の気温も平年並みか平年より高いですが、寒さの戻る時期があるでしょう。このため、各地の桜の開花日と満開日は平年より遅いか平年並みでしょう。
 桜前線は3月24日に九州南部と四国を出発し、およそ2ヵ月かけて日本列島を北上して、5月18日頃に北海道根室市に到着するでしょう。

長崎県 長崎市 3月28日開花予定
posted by 太鼓山 at 13:31| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

桜の開花予想<第2回>

桜の開花予想<第2回>2012年2月22日発表(日本気象協会資料)
 2012年の桜(ソメイヨシノ)の開花は、全国的に平年より遅いか平年並みでしょう。
 桜の開花は、秋から冬に気温の低い時期があった後、春先にかけて気温が高いほど開花が早くなるといわれています。
 この冬の気温は、12月から2月中旬にかけて全国的に平年より低くなりました。この先、2月下旬から4月にかけての気温も平年より低いか平年並みでしょう。
 このため、2012年の桜(ソメイヨシノ)の開花日は、平年より遅いか平年並みでしょう。桜前線は3月下旬に九州・四国地方から北上を開始するでしょう。


※平年開花日や昨年開花日は、気象庁の観測値を用いています。
九州地方 地点   予想開花傾向 予想開花日 平年開花日 昨年開花日
福岡県  福岡市  平年より遅い  3月28日頃  3月23日  3月22日
大分県  大分市  平年より遅い  3月28日頃  3月24日  3月23日
長崎県  長崎市  平年より遅い  3月28日頃  3月24日  3月23日
佐賀県  佐賀市  平年より遅い  3月28日頃  3月24日  3月22日
熊本県  熊本市  平年より遅い  3月26日頃  3月23日  3月21日
宮崎県  宮崎市   平年並     3月25日頃  3月24日  3月23日
鹿児島県 鹿児島市  平年並    3月28日頃  3月26日  3月23日

posted by 太鼓山 at 12:30| 長崎 ☔ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

雨水

雨水
昨日(2月19日)が二十四節気の一、雨水
 二十四節気の一つで、温かさに雪や氷が解けて始め、空から降っていた雪から雨に変る時期。
 『暦便覧』には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されている。それゆえ、この時節から寒さも峠を越え、衰退し始めると見ることもできる。
 天文学的には、太陽が天球上の黄経330度の点を通過する時。
 昔から、農耕の準備を始めるのは雨水が目安とされて来た。また、この日に雛人形を飾附けると良縁に恵まれるとされている。
 春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえ始める地域もある。
posted by 太鼓山 at 11:19| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

今年は豊作

今年は豊作でしょう
長崎地方は台風の影響もなく、稲穂も重たそうに垂れ下がっていました。
「かかし」が鳥から稲を食べられないように守っている面白い光景がありました。
かかしと稲穂
posted by 太鼓山 at 16:59| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

長崎市で桜が開花

長崎市で桜が開花
長崎市で桜が開花
 昨日21日、長崎市は今年一番の暖かさとなった。また、長崎海洋気象台は21日、長崎市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より4日早く、昨年より3日早い。1週間ほどで満開になりそうだという。
posted by 太鼓山 at 09:21| 長崎 ☔ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

陽光桜が満開

世界平和国際親善桜・陽光桜
世界平和国際親善桜・陽光桜
長崎平和公園の世界平和国際親善桜・陽光桜が満開
世界平和祈念 原爆犠牲者慰霊
外務大臣1987年10月12日植樹
posted by 太鼓山 at 16:41| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

桜の開花近い

桜の開花が近づいているようです。
 長崎原爆落下中心地の桜の蕾も大分膨らんでいる、そのなかに一輪開いているのを見つけました。
桜の開花が近づいているようです。
posted by 太鼓山 at 09:25| 長崎 ☀ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

副振動・あびき

副振動(あびき)が発生
 九州北部から鹿児島県奄美地方にかけての沿岸部で、短時間に海水の上下変動が起こる「副振動」が観測された。長崎海洋気象台などによると、熊本県天草市で1メートル97、長崎港(長崎市)で1メートル57、枕崎港(鹿児島県枕崎市)で1メートル43の潮位の振幅を観測。
あびきとは…
 「あびき」は、一般には「副振動」と呼ばれ、長崎港などで発生する副振動のことをいい、30〜40分周期で海面が上下振動する現象。規模(昇降の幅)が大きい場合には、海面の昇降や強い流れにより、海岸や河口付近の低地での浸水や係留していた船舶の流出等の被害が生じることがある。この現象は、高潮や津波とは原因が異なり、海面上の気圧の微少な振動などによって引き起こされると考えられているが、現状では、いつ・どこで・どの程度の「あびき」が生じるのかを予測することは困難である。過去の記録から3月に最も多く発生することが知られている。
 長崎県内では長崎港の「あびき」が最も顕著であるが、それ以外の港でも発生している。例えば、1979年に長崎検潮所(長崎市松ヶ枝町、観測開始1961年)で昇降幅278cm(周期約35分)を記録した過去最大の「あびき」では、福江島の富江港などでも大きな被害が発生した。
 あびきの語源は早い流れのため魚網が流される「網引き」に由来すると言われている。現在は長崎に限らず、九州西方で発生する同様な現象に対して広く用いられるようになっている。
 副振動とは数十分周期の港湾の振動で、長方形の容器に水を入れ、一方の端を持ち上げて少し傾けてから元に戻すとしばらく水全体が左右に振動するのと同じ現象である。
posted by 太鼓山 at 17:07| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

琴海のカネコシダ群落

第4回長崎歴史文化観光検定1級問題 問1
 旧琴海町で多く見られる県の天然記念物にも指定されているシダ植物の名前は何か?

琴海のカネコシダ群落 長崎県指定天然記念物
指定年月日:1983年(昭和58)8月30日
所在地:長崎市琴海町中ノ川内
所有者:長崎市
琴海のカネコシダ群落
 中の川内楠原の尾崎幸雄氏宅に隣接した町有の細道に沿って、延長およそ100m、高さ20〜30mの急斜面にウラジロと混生した大群落である。カネコシダは、ウラジロ科ウラジロ属の植物で、正月に用いるウラジロに似ているが、葉の裏が白くないことなどが特徴。日本では、1904年(明治37)に佐賀県黒髪山で発見され、牧野富太郎が新種として、学名とカネコシダの和名を付けた。本県では千葉常三郎が昭和10年頃西彼町亀岳(かめだけ)で小さい産地を発見、現在では西彼半島内に数か所小さい産地が見つかっているが、ここは指定地(2,875u)も大きく,町が公有化し保護している。
長崎県文化財より参照


カネコシダ:ウラジロ科:ウラジロ属
 ウラジロ科に属するシダ類の一種。暖地の比較的日当たりの良い斜面に見られる常緑の中型シダ。ウラジロと混生しているため、判別が難しい。カネコシダはウラジロに比べて葉が狭くて先端がとがり切れ込みも深く葉に光沢がある。葉裏面が表と同じ緑色をしている点などの違いがある。1904年(明治37)、長崎県佐世保市の植物学者・金子保平氏(1869〜1935)が黒髪山で発見し、牧野富太郎博士がアメリカの学会で発表した。1927年(昭和2)、その自生地(佐賀県西松浦郡有田町/武雄市 黒髪山)が国の天然記念物に指定された。熊本県や長崎県など九州各地に分布している。
posted by 太鼓山 at 10:48| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!