2013年03月10日

城跡と公園をピンクに染める

城跡と公園をピンクに染める 21種2000本の桜並木
おおむら花まつり(長崎県大村市・大村公園)

3月25日〜6月20日
おおむら花まつり(大村市)
 長崎県大村市で3月下旬から6月中旬まで行われる花の祭典です。開催される大村公園は桜の名所だけでなく、約30万本の花菖蒲が咲き誇る西日本一の菖蒲園、フジ、ツツジ、アジサイと途切れることなく訪れる人々の目を楽しませてくれます。
【大村桜まつり】 3月下旬〜4月上旬
 大村公園は「全国さくら百選の地」に選定を受け、国指定の天然記念物 「オオムラザクラ」をはじめ10種類以上に及ぶ2,000本の桜が公園一帯をピンク色に染め人々の目を楽しませます。
花まつり期間中は数多くの出店や各種イベント、夜にはライトアップも行われる。
大村公園内のサクラの種類 
 ・ソメイヨシノ・オオムラザクラ・クシマザクラ・支那実桜(しなみ)・枝垂桜(しだれ)
 ・高遠小彼岸桜(タカトオコヒガン)・八重紅枝垂桜(ヤエベニシダレ)・関山(カンザン)
 ・御衣黄(ギョイコウ)・普賢象(フゲンゾウ)・鬱金(ウコン)・松月(ショウゲツ)
posted by 太鼓山 at 09:21| 長崎 ☔ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

激しい渦潮と桜の競演

激しい渦潮と桜の競演
西海橋春のうず潮まつり(長崎県西海市)と き:平成25年3月16日(土)〜4月16日(火)
ところ:西海橋公園一帯

西海橋春のうず潮

 佐世保市と西海市を結ぶ西海橋と新西海橋。その下を流れる伊ノ浦(針尾)瀬戸は日本三大急潮の一つに数えられうず潮スポットとして有名です。一年で最もうず潮が大きくなる3月下旬〜4月上旬にこのイベントが開催されます。うず潮に急接近するうず潮クルージングのほか、4月7日(日)には、子どもたちに人気の長崎バイオパークの“ふれあい動物園”がやってきます。(雨天時は14日に順延)、また同時期、橋の両側にある芝生公園にて桜まつりも開催。桜の本数は両側あわせて約1000本。500個のぼんぼり灯りで楽しむ夜桜もおすすめです。
posted by 太鼓山 at 10:12| 長崎 🌁 | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

九州地方の桜の2013年予想開花日の傾向

九州地方の桜(ソメイヨシノ)の2013年予想開花日の傾向(第2回)
昨日、今日と長崎では桜が早く咲くような陽気となっています。
昨年は平年より開花が遅く、一週間くらい遅れたようでしたが、今年の桜はいつ頃、咲きはじめるのでしょうか。
日本気象協会では2月27日、第2回の桜開花予想を発表しました!!
●九州、中国、四国・・・平年より早め
昨年は開花が4月にずれこんだ所もありましたが、今年はほぼ3月中旬から下旬の開花となりそう。
今のところ、開花トップの予想は高知市で3月18日頃。
熊本市3月19日頃、長崎市3月20日頃、福岡市3月20日頃、宮崎市3月20日頃、大分市3月21日頃、佐賀市3月21日頃、鹿児島市3月22日頃のようです。
posted by 太鼓山 at 10:58| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

138年前の明治7年長崎における金星日面通過観測

138年前の明治7年長崎における金星日面通過観測
長崎金星観測碑 1874年(明治7)12月9日に太陽、金星、地球が一直線にならぶ金星の太陽面通過という現象がおこり、金星日面通過観測の好適地であった日本にフランス、アメリカ、メキシコの天文観測隊が訪れ長崎、東京、神戸、横浜などで観測されました。
 天文学者ジャンサン氏率いるフランスの観測隊は、長崎市の中央部に位置する金比羅山を観測地に選びました。金星の観測に成功したジャンサン隊長は、これを記念するため、石碑を建立。これが「長崎金星観測碑」として昭和35年7月13日に県指定史跡に認定されています。
 この碑はピラミッド型で高さ2.2mの碑で、碑には金星を意味する「VENUS」の文字が大きく刻まれている。他にも碑には派遣隊員全員の名前などが刻まれているようですが、碑が砂岩で作られているため風化が激しく良く読めません。
 また、ダビッドソン氏率いるアメリカ隊は同じく長崎市街地の南側に位置する大平山(おおひらやま=現・星取山)に観測拠点を定めました。観測地だったところには現在「星取山無線中継所」があります。
 この時の観測がきっかけで、もとは「大平山」という名の山だったのが、「星を撮る」から、「星取山」と呼ばれるようになったそうです。
 金星観測碑が県指定史跡に認定された後に、レンガ製の観測台の存在も確認されたことから、平成7年3月16日に「長崎金星観測台」として、県指定史跡に認定されています。
 なお、この時アメリカ隊はウラジオストク隊とも協力しながら長崎とワシントン間、長崎と東京間それぞれの経度差観測も行い、これによって日本の正確な経度が初めて決定された。
posted by 太鼓山 at 13:47| 長崎 ☀ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

黄砂/ 黄砂・黄塵

本日24日、長崎海洋気象台は九州北部地方で黄砂が観測されたと発表。
 一般に黄砂といわれていますが、日本にまで到達する黄砂は、きわめて小さい粒子、塵だ、だから砂なという表現はあたっていないと思う、これは黄塵(こうじん)というほうが正しい気がする。
 この黄塵が、長崎では冬の寒波が再度きびしくなる3月の後半に大陸から「土」を含んだ風となって襲ってくる。春の季語でいう「つちふる」です。これが吹き終わると空は青く澄み間もなく、桜が咲く春になる。
posted by 太鼓山 at 19:50| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

九州地方に春一番の風

九州地方に春一番の風が吹く 
 九州地方は、16日夜から17日朝にかけて九州北部と山口県を中心に南からの暖かい風が強く吹き、福岡管区気象台は「九州北部と山口県で春一番が吹いた」と発表しました。
 春一番は、立春から春分の間に吹く最初の強い風。2年ぶりの観測で、過去10年では2005年と並んで最も遅かった。
 福岡市では午前3時6分に13.7m、山口県下関市で午前1時4分に15.4m、長崎市で午前2時13分に14.1m、大分市で午前2時23分に11.2mの最大瞬間風速を観測し、低気圧が17日明け方にかけて対馬海峡を通過したため南よりの風が強くなり、暖かい朝となった。
posted by 太鼓山 at 16:15| 長崎 ☔ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

長崎で2例目、恐竜化石発掘

長崎で2例目、恐竜化石発掘
草食恐竜「ハドロサウルス類」
 福井県立恐竜博物館(勝山市)と長崎市科学館は12日、長崎半島の長崎市北浦町茂木地区の海岸にある、8400万年前(白亜紀後期)の地層から、草食恐竜「ハドロサウルス類」の右大腿骨(だいたいこつ)上半分の化石(長さ41センチ、幅23センチ。骨の大きさなどから全長約6メートルとみられる。)が見つかったと発表した。長崎半島では以前にも先端部にある同市野母崎地区の三ツ瀬層で、同年代の地層からハドロサウルス類の化石が見つかっており、同博物館は「恐竜の化石が続々と発見される可能性がある」としている。
 長崎県内で恐竜化石が発見されたのは2例目。
posted by 太鼓山 at 20:28| 長崎 | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

懐かしい対州馬が坂の町長崎へ

昔を思わせる対州馬が重い荷物を背負い坂の町長崎を
 かつて坂のまち長崎で活躍した対州馬(たいしゅうば)の荷運びの様子を再現し、対州馬について広く市民や子どもたちに知ってもらおうと企画された長崎対州馬応援団(江島達也代表)主催でのプロジェクトが10日、長崎市伊良林2丁目の若宮稲荷神社に上る坂道(ほとんどが石段)であった。
地元人たちはこの企画をまじかに見られ昔を懐かしんでいた。
 平地が少なく山の斜面を切り拓いた街長崎。坂道、石段が多い長崎において家屋や道路などを建設する際、資材運搬に欠かせなかったのが日本在来馬である対州馬でした。
 原爆で焼け野原かした街から現在の街に立ち直る際にも人々とともに復興にと頑張ってきた対州馬でした。
 今は坂、石段がある場所に家を建てる人が少なくなり、対州馬を利用するのが減少していった。1990年ごろまで砂利やセメント、瓦などを運ぶ姿がときより見られていたが、2009年2月、最後の1頭(木曽馬)と馬方さんが坂の街での荷運びから引退され、狭い階段が連なる長崎の町で、欠かせぬ存在だったこの対州馬の荷物運びの姿も時代と共に消えてしまった。
今ではキャタピラで階段を登る機械がそれに変っている。

 現在、日本馬事協会(東京)が県内で認定している対州馬は約30頭と少なく、絶滅が危惧されている。
対州馬の特徴は、

1、性格温順で、粗食にも耐え、体質剛健、肢蹄が強く、急峻な山路を上下するのに巧みである。
2、蹄が強靭で、坂路の歩行に適した側対歩ができ、約130〜150kgの荷物を背負い運搬できる。
3、外国産の馬に比べて極めて愛情が細やかで人に馴れやすい。
posted by 太鼓山 at 10:34| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

平成21年・長崎地方の潮干狩り情報

平成21年・長崎地方の潮干狩り情報
 長崎県雲仙市の有明海沿岸の各漁協では、春の訪れを告げるあさり貝の潮干狩りが行われます。
各漁協の一般開放予定は、以下のとおりになっています。
【注意】潮の関係やあさりの量などで、開放時間や開放時期が変わる場合があります。詳しくは、各漁協にお問い合わせください。

瑞穂漁協(吾妻/あづま地区)
(1)3月 7日(水) 〜3月11日(日)  (2)3月21日(水)〜3月26日(月)
(3)4月 5日(木)〜4月 9日(月)  (4)4月18日(水)〜4月25日(水)
(5)5月 3日(木)〜5月 9日(水)
【料金】大人(中学生以上)/1,000円 子ども/無料
※10キログラム以上は、1キログラム増すごとに300円の買い上げになります。
■問い合わせ 瑞穂漁協 電話0957-77-3139

瑞穂漁協(西郷/さいごう港)
(1)3月 8日(木) 〜3月10日(土) (2)3月23日(金)〜3月25日(日)
(3)4月 6日(金)〜4月 9日(月) (4)4月19日(木)〜4月24日(火)
(5)5月 4日(金)〜5月 9日(水)
【料金】大人(中学生以上)/1,000円 子ども/無料
※5キログラム以上は、1キログラム増すごとに300円の買い上げになります。
■問い合わせ 瑞穂漁協 電話0957-77-3139

国見漁協(土黒/ひじくろ地区)
(1)3月20日(火) 〜3月25日(日) 2)4月 4日(水)〜4月 9日(月)
(3)4月17日(火)〜4月24日(火) (4)5月 2日(水)〜5月 6日(日)
料金】大人(中学生以上)/1,000円 子ども(小学5、6年生)/500円 ※小学生4年生以下は無料
■問い合わせ 国見漁協本所 電話0957-78-2262

国見漁協(神代/こうじろ地区)
(1)3月20日(火) 〜3月25日(日) (2)4月 4日(水)〜4月 9日(月)
(3)4月17日(火)〜4月24日(火) (4)5月 2日(水)〜5月 6日(日)
【料金】大人(中学生以上)/1,000円 子ども(小学5、6年生)/500円 ※小学生4年生以下は無料
■問い合わせ 国見漁協神代支所 電話0957-78-2834

 ◎入れ物、掘り取り道具、手袋、長靴などは、各自で準備してください
posted by 太鼓山 at 19:06| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

潮干狩りの季節

潮干狩りの季節
 今年も潮干狩りの季節を迎えました。九州・山口県・沖縄各地における本年3月から8月の潮干狩りに適した日中(8時〜18時)の干潮時刻を「潮干狩りのしおり」としてまとめられたのが長崎海洋気象台のHPに掲載されてあります。
※ 長崎海洋気象台のHP潮干狩りのしおり干潮時刻の表(PDF形式)表示へ

安全に潮干狩りをするために
有明海や八代海、周防灘など干満の差の大きいところでは、干潮から満潮に向かう時間帯に潮が急に満ちてきますので、早めに引き上げるよう心がけてください。
 津波警報や津波注意報が発表されているときは海岸に近づかないようにし、潮干狩りの最中に地震による揺れを感じた時は、すぐに安全な高所に避難してください。
 顕著な副振動(あびき)が発生すると海面が短時間に昇降を繰り返しますので、急な潮位の変化を感じたときは、海岸から離れてください。
 天候の急変には常に気を配り、落雷や強風・高波などの危険から身を守るために、早めの避難を心がけてください。
 あらかじめ地元の気象台が発表する海や気象の情報を確認してお出かけください。
長崎海洋気象台情報参考
posted by 太鼓山 at 11:08| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 自然・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。