2008年03月10日

万寿山・聖福寺5

黄檗宗万寿山・聖福寺5
梵鐘「鉄心の大鐘」
市指定有形文化財(昭和51年12月15日)
聖福寺梵鐘 中門にあたる天王殿をくぐり境内へ入ると。左側に鐘鼓楼がある。
この梵鐘は、1717年(享保2)10月この聖福寺2代目住持、暁巌元明のとき金屋町の3代・藤原朝臣安山弥兵衛国久が改鋳したもの。1694年(元禄7)初代住持・鉄心道胖のとき、初めて梵鐘が造られたが、僧の鉄心が有名であったので、今日までこの改鋳された梵鐘も、俗に「鉄心の大鐘」と言い伝えられている。
金屋町の3代が鋳造した梵鐘は、この聖福寺の梵鐘だけとなっている。
梵鐘の総高(龍頭を含む)・183p 龍頭・42p  口径・111p  肉厚(鐘厚)・11p

posted by 太鼓山 at 08:24| 長崎 🌁| 唐寺四福寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!