2008年03月08日

万寿山・聖福寺3

黄檗宗万寿山 聖福寺3
聖福寺天王殿:1705年(宝永2)建立
県指定有形文化財(昭和36年11月24日指定)
聖福寺天王殿 天王殿という名称は中国伝来のものである。左右を通り抜けとした門。中央に山門側と大雄宝殿側に背中合わせに仏殿がある。山門側が「弥勒堂」で、黄檗宗では弥勒菩薩の化身とされる布袋さんがにこやかに鎮座いている。 大雄宝殿側は「護法堂」で、守り神・韋駄天が釈迦の説法を剣で護っている。仏殿と門を兼用する独特の形式を持っている。中門、弥勒門、護法堂などの別名がある。棟梁は山門と同じ堺の人。

posted by 太鼓山 at 07:58| 長崎 ☀| 唐寺四福寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!