2008年02月03日

新地建立禁止令

※第3回長崎検定1級出題

新地建立禁止令
 1631年(寛永8)、幕府は道場の寺院化と新寺建立の禁止「新地建立禁止令」を発し、1688年(元禄元)には「寺院古跡新地之定書」により古跡寺院新地寺院の格付けを行った。再度の建立禁止令を発して寺院の流動を止めた。
 これは1631年(寛永8)の新地建立禁止令を境として、以前に建立された寺院を古跡寺院、以降に建立された寺院を新地寺院といい、古跡寺院が災禍によって損壊または焼失した場合はその再興は認めるが、新地寺院の場合は一切認めないというのもで、廃寺とか潰寺となった場合もその再興は認められません。
posted by 太鼓山 at 09:17| 長崎 ☔| 長崎検定復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!