2019年09月19日

良いことが起きる前兆!彼岸花、別名「曼珠沙華」

良いことが起きる前兆!彼岸花、別名「曼珠沙華
manzyusyage.jpg
 毎年、9月のお彼岸の時期を待っていたかのように一斉に咲き誇る彼岸花。今年も畑の片隅に忘れずに咲いてくれました。彼岸花が咲くと10年前に亡くなった妻を思い出しますが、私は寂しいイメージの彼岸花ではなく良いことが起きる前兆の彼岸花として見ていて、大好きな花です。
 彼岸花を別名で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)という人がいるほど有名な花です。曼殊沙華とは、仏典に由来し、「天界の花」という意味を持つ花です。おめでたいことが起こる前に、天から花がヒラヒラとふってくる「良いことの前兆」だと語り継がれています。また、仏教では曼殊沙華は白く柔らかい花とされ、それを見たものの悪業を払うとも信じられています。


【初登場】若宮稲荷神社の竹ン芸はスリルで一杯!

たくさんのご参加をお待ちしております。
「さるく」とは、まちをぶらぶら歩くという意味の長崎弁です。
takengei3.jpg
posted by 太鼓山 at 19:55| 長崎 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!