2017年02月15日

「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」

「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」展覧会
A001.jpg

フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト(ドイツの医者で博物学者)
 シーボルトは1823年(文政6)に出島のオランダ商館付医師として長崎に赴任、近代西洋医学を教授するなど、江戸時代出島に滞在した外国人として長崎では馴染みのある人物の一人です。
 1829年(文政12)に国外追放処分になり、ヨーロッパへと戻ったシーボルトは処分が解かれた1859年(安政6)に再び来日、江戸幕府の外事顧問となります。
 二度にわたる日本滞在中、シーボルトは日本の自然や生活文化に関わる膨大な資料を収集、日本コレクションを形成しヨーロッパへ持ち帰っています。
本展覧会ではシーボルトによって持ち帰られた日本関係資料のうち、約300点の作品が里帰りします。
開催期間 : 2017年2月18日(土)〜2017年4月2日(日)
開催場所 : 長崎歴史文化博物館・3F企画展示室:長崎市立山1-1-1
開催時間 : 10:00〜18:00(最終入館17:30)
休室日: 2017年3月13日(月) ※ 前期・後期で展示の入れ替えがあります。
観覧料: 大人1,200円(前売1,000円)高大生・70歳以上700円(前売500円)※中学生以下無料 
前期購入チケットで、後期観覧料が通常料金の半額
詳 細長崎歴史文化博物館公式ホームページへ
posted by 太鼓山 at 10:53| 長崎 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!