2014年06月10日

時の記念日

報時所跡(桜町3)
報時所
 長崎の報時所(時鐘・時の鐘)は、寛文5年(1665)に島原町一ノ堀(のち堀町:現・万才町NTT付近)に設置されます。その後、延宝元年(1673)今籠町(現・鍛冶屋町崇福寺通り)に移転、さらに明和3年(1766)この地、豊後町(現・桜町3)に移ります。以後、長崎における唯一の報時所とされ、「鐘の辻」と呼んでいた。これは報時所が十字路(辻)にあったので、ここから「鐘の辻」というようになったという。この報時所は長崎奉行の管轄で、撞役は、寛文5年に松尾伊右衛門が任じられて以来、同家がこの職を世襲した。
 明治7年鐘楼を改築。同報時所は、明治以降は長崎県、さらに長崎市の管轄となったが、明治36年(1903)小田の原(現・どんの山)に長崎測候所が作られ、正午の観測の合図として空砲(午砲:通称ドン)を撃つようになったため廃止された。この午砲も昭和16年3月に廃止された。
写真は「鐘の辻」「長崎南蛮唐紅毛史蹟」所収

絵本:被爆クスノキの追憶 (人々に生きる力をくれた大樹の物語)
戦争、平和についてきちんと知り、考えなくてはいけない今日、この被爆クスノキの物語の中で考えてみませんか。
(アマゾン・紀伊國屋ウェブストア・hontoネットストア・楽天ブックス・セブンネットショッピング他ネットストアにて取扱中)
posted by 太鼓山 at 10:52| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399124101
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!