2011年02月05日

2011長崎ランタンフェスティバル

2011長崎ランタンフェスティバル・メインオブジェ
0110203R.jpg
 不老不死の薬の悪用を防ぎ、大切な人、民衆のために我が身を犠牲にし、月に昇った嫦娥とその手に抱かれた兎。
 月の女神となった嫦娥の夫や故郷を想う気持ちが満月の美しさをきわだたせます。 兎は天帝によって玉兎となって不老不死の薬を杵でついて作っているといいます。
【中秋節お月見の伝説】
posted by 太鼓山 at 09:18| 長崎 ☀ | TrackBack(0) | 祭り・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184320497
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!