2009年10月26日

浦上第一病院跡

浦上第一病院跡【現:聖フランシスコ病院】
浦上第一病院跡【現:聖フランシスコ病院】
 浦上第一病院はもともと、聖フランシスコ神学校として大正14年(1925)に建てられたものであるが、昭和18年(1943)男子フランシスコ会によって結核診療所として浦上第一病院開設、診療を始めた。しかし、昭和20年(1945)8月9日。原爆の爆風で大破し出火、のち内部は焼失、負傷者約70人を出した。同年11月、焼け跡に聖フランシスコ診療所が開かれた。昭和24年(1949) 聖フランシスコ第三会病院童貞会が男子フランシスコ会より移管され、聖フランシスコ病院を開設。今に至る。
posted by 太鼓山 at 14:56| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 旧浦上山里村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131213731
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!