2009年09月26日

聖ヨゼフ堂跡

聖ヨゼフ堂跡 辻町17-1【十字修道院】
聖ヨゼフ堂跡 現在、長崎市辻町のお告げのマリア会十字修道院がある敷地内に、秘密教会の一つ、聖ヨゼフ堂跡がある。この地は潜伏キリシタンのリーダー的存在、高木仙右衛門の屋敷だった。幕府の捕方がここへ押し入り、仙右衛門と次男・敬三郎は寝込みを襲われ捕われる。これも浦上四番崩れへとつながった出来事である。また、仙右衛門の長男・源太郎は、明治15年(1882)プチジャン司教の手によって深掘達右衛門、有安浪倉と共に、 キリシタン復活後の日本最初の邦人司祭として叙階された人物。いずれも司祭館神学校(大浦天主堂の隣)で学んだ生徒である。
posted by 太鼓山 at 10:20| 長崎 | TrackBack(0) | 旧浦上山里村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128879842
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!