2009年06月27日

旧浦上山里村の郷名と旧町名

旧浦上山里村の郷名と旧町名
 旧浦上山里村は馬込郷(馬籠郷)、里郷、中野郷、本原郷、家野郷、寺野郷(ただし明治31年(1898)まで淵村)から成る。
 明治31年(1898)馬込郷と里郷の各一部が長崎市に編入された。
大正2年(1913)馬込郷の一部が編入し浦上町(1964年・緑町)、御船蔵町(おふなぐら)、銭座町1丁目(1964年・銭座町→1992年・上銭座町)、銭座町2丁目(1964年・天神町)となり、里郷の一部が岩川町、坂本町(1992年・坂本1・2・3丁目)、目覚町、茂里町となる。
 大正12年(1923)には里郷が長崎市となり浜口町、山里町(1964年・平野町・平和町)、本尾町1・2・3丁目(1964年・本原・石神・扇・大手(1992年・大手1・2・3丁目)・小峰・辻・本原・三原町(2002年・三原1・2・3丁目))、江平町(1992年・江平1・2・3丁目)が誕生し、中野郷が編入し上野町、橋口町、岡町、松山町(1940年・駒場町1・2丁目→1964年・松山町に編入)、高尾町、本原郷が編入し本原町1・2・3丁目、馬込郷の一部が浜平町(1992年・浜平1・2丁目)、家野郷が家野町(1964年・文教町)、大橋町、寺野郷が城山町1・2丁目(1966年・青山・岩見・金掘(1922年城山台1・2丁目)・城栄・城山・立岩・花園・富士見・若草町)となった。
1964年・川口町(浜口町、岩川町の各一部)
posted by 太鼓山 at 22:27| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 旧浦上山里村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!