2009年06月20日

深祟寺・阿弥陀如来像

深祟寺・阿弥陀如来像
 深祟寺にある阿弥陀仏は、元禄3年(1690)園山善爾によって寄進された伊勢町と八幡町を結ぶ阿弥陀橋の際にお祀りされていたもので、明治維新後、深祟寺でお祀りされるようになりました。
 現在、阿弥陀橋の側にある阿弥陀堂は近年建立されたものである。
 以前の阿弥陀橋は昭和57年7月の大水害で損傷、現在移築復元場所を検討中である。
posted by 太鼓山 at 10:08| 長崎 | TrackBack(0) | 寺町通り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!