2008年12月24日

唐通事・馮六

唐通事・馮六墓所
唐通事・馮六の墓所
 唐通事は、中国語の通訳であるが、最初、1604年(慶長9)にこの職に任命されたのが、長崎住宅唐人馮六(ほうろく・ひょうろく)(馮六官)であった。住宅唐人とは、わが国に居住を許可された中国人のことであるが、これら住宅唐人は、鎖国体制で新規の渡来が一部の例外を除いて禁止されると減少、さらには17世紀の末期にはほとんど死亡してしまい、日本人を母とする2世達は、急速に日本の社会に同化していった。
 墓所:巍々山 光源寺
posted by 太鼓山 at 09:11| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 史跡・墓碑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111632629
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!