2008年11月12日

高島秋帆・19

付記
 高島秋帆(1798・9〜1866)が徳丸ケ原で砲術を披露した天保12年5月9日(1841年6月27日)、秋帆42歳に、幕末・維新に活躍した人が何歳であつたかを調べてみた。
 高島流砲術を継承した江川太郎左衛門(1801・6-1855)が40歳、長州藩の大砲鋳造を指導した佐久間象山(1811・3〜1864)30歳、勝海舟(1823・3〜1899)18歳、日本陸軍の創設者と讃えられる大村益次郎(1824・5〜1869)17歳、活版印刷の開拓者の本木昌造(1824・7〜1875)16歳、西郷隆盛(1828・1〜1877)13歳、大久保利通(1830・9〜1878)と吉田松陰(1830・9〜1859)が10歳、木戸孝允(1833・8〜1877)7歳、福沢諭吉(1835・1〜1901)6歳、坂本龍馬(1836・1〜1867)5歳、榎本武揚(1836・10〜1908)4歳、写真術の開拓者である上野彦馬(1838・10〜1904)2歳、伊藤博文(1841・10〜1909)0歳、などであった。
これを見ても高島秋帆が如何に時代に先んじていたかがわかる。
posted by 太鼓山 at 09:50| 長崎 ☀ | TrackBack(0) | 郷土歴史人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109542628
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!