2008年09月30日

龍踊の演技

龍踊(じゃおどり)の演技
龍踊の演技には次のような種類がある。
 玉持ち(龍が追いかける玉を持つ人)1名、龍衆(龍を操る担ぎ手)10名、囃子方数十名が一体となって演じる。
1. 玉追い…龍体を上下左右に振り、くねらせながら玉を追いかけ、胴くぐりを行う。
2. ずぐら(玉探し)…とぐろを巻き、胴体の陰に隠れた玉を龍頭が上下左右をして探す。
3. 玉を見つけたら、胴くぐりを行い、玉追いに戻る。
以上の基本動作の他にねむり、竜巻、波、などがある。

龍囃子の楽器
龍踊の楽器は6種類がある。
1. 長喇叭(ながラッパ)…龍の鳴き声を表す
2. 大太鼓(おおだいこ)…雷の音を表す
3. 皺鼓・半鼓(かっこ・はんこ:通称パラと呼ぶ)…雨の音を表す
4. 大銅鑼(おおドラ)…風の音を表す
5. 大中小の蓮葉鉦(バッツオ)…風の音を強調する役目
6. 小鐘・小鉦(こがね・こしょう:通称キャンと呼ぶ)…中国情緒を表す音
などで構成されている。
posted by 太鼓山 at 08:39| 長崎 ☔ | TrackBack(0) | 2008年「長崎くんち」踊り町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!