2008年09月20日

2008年度(平成20)踊り町・榎津町

榎津町の演し物

川 船
 いつの頃から「川船」を奉納するようになったのかは明らかではないが、川船に吊り下げられている「小鉦」に「嘉永二年酉七月御神事に拵え 榎津町三挺之内」と陰刻がある。(1849年)
 現在の「川船」は、1949年(昭和26)に新調し、現存する川船では、一番古いという。長さは6m、重さ3t。屋根の飾りは紅葉と菊で秋の情趣を伝えている。川船には囃方(大太鼓、締太鼓、鉦)を乗せ、子どもがふんする網打ち船頭が投網で魚をとる妙技を披露する。
posted by 太鼓山 at 08:41| 長崎 ☀ | TrackBack(0) | 2008年「長崎くんち」踊り町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106848032
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!