2008年09月03日

正保から大正の諏訪神社

正保から大正の諏訪神社

1647年(正保4)旧神宮寺の旧跡「玉園山」の一区を社地として下賜される。
1648年(慶安1)諏訪社が神宮寺の寺号を賜い玉園山神宮寺と改称
1651年(慶安4)西山郷圓山(現松の森)から移る。壮大な社殿が旧神宮寺の旧跡、「玉園山」の地に完成。遷宮
1669年(寛文9)神社諏訪神社が朱印地となる。
1683年(天和3)諏訪社が玉園山神宮寺の寺号を廃して神道一式となる。
1723年(享保8)諏訪神社が正一位に叙せられた
1857年(安政4)諏訪神社の社殿回廊がことごとく火災で焼失する。(神璽は西山妙元社に移される)
1869年(明治2)諏訪神社が復興される。
1872年(明治5)県社に列せられる。
1881年(明治14)準国幣社に列せられる。
1895年(明治28)国幣小社に列せられる。
1915年(大正4)国幣中社に列格し、第二次大戦後は神社本庁の別表神社となった。


posted by 太鼓山 at 09:28| 長崎 ☀ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。