2008年08月21日

仏教再興最初の寺院「悟真寺」

キリシタン時代、仏教再興最初の寺院「浄土宗終南山・悟真寺」
 慶長3年(1598)頃、先ず長崎の対岸・稲佐の地区に筑後(福岡県久留米市)善導寺の僧・聖誉玄故(せいよげんこ)上人はキリスト教の布教により長崎の寺院が焼き払われるなど、仏教が廃絶していることを嘆き聖誉は再興を願い来崎し、昼は岩窟に隠れながら布教を続け「浄土宗終南山・悟真寺」を創立。其の後、奉行所の援助もあって長崎市内に寺院の創立が始まっている。
posted by 太鼓山 at 08:53| 長崎 ☁ | TrackBack(0) | 諏訪神社と「長崎くんち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!