2019年09月19日

良いことが起きる前兆!彼岸花、別名「曼珠沙華」

良いことが起きる前兆!彼岸花、別名「曼珠沙華
manzyusyage.jpg
 毎年、9月のお彼岸の時期を待っていたかのように一斉に咲き誇る彼岸花。今年も畑の片隅に忘れずに咲いてくれました。彼岸花が咲くと10年前に亡くなった妻を思い出しますが、私は寂しいイメージの彼岸花ではなく良いことが起きる前兆の彼岸花として見ていて、大好きな花です。
 彼岸花を別名で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)という人がいるほど有名な花です。曼殊沙華とは、仏典に由来し、「天界の花」という意味を持つ花です。おめでたいことが起こる前に、天から花がヒラヒラとふってくる「良いことの前兆」だと語り継がれています。また、仏教では曼殊沙華は白く柔らかい花とされ、それを見たものの悪業を払うとも信じられています。


【初登場】若宮稲荷神社の竹ン芸はスリルで一杯!

たくさんのご参加をお待ちしております。
「さるく」とは、まちをぶらぶら歩くという意味の長崎弁です。
takengei3.jpg
posted by 太鼓山 at 19:55| 長崎 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

長崎くんち:庭見世 人数揃い

長崎くんち:庭見世(にわみせ)
 3日の夕刻から各踊町は表通りに面した店舗などに、傘鉾をはじめ、本番に使用する衣装・小道具・楽器などを分散して飾る他、出演者に贈られたお祝い品もところ狭しと並べてご披露します。
開催期間:令和元(2019)年10月3日(木)各踊町にて夕方より 
開催場所:長崎市 各踊町 今博多町 魚の町 玉園町 江戸町 籠町

長崎くんち:人数揃い(にいぞろい)
 数か月の練習の成果で、くんち演し物(だしもの)の稽古が仕上がり準備が整ったことを、町内の数カ所で本番の衣装をそろえて実際にご披露します。本番日同様、大切な緊張の日です。
開催期間:令和元(2019)年10月4日(金)昼すぎより 
開催場所:長崎市 当該年度の各踊町 各踊町 今博多町 魚の町 玉園町 江戸町 籠町
posted by 太鼓山 at 09:23| 長崎 ☀| 祭り・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

長崎伊良林・若宮稲荷神社の由来

長崎伊良林・若宮稲荷神社の由来と坂本龍馬
wakamiya02.JPG
 長崎の若宮稲荷神社は、出来大工町乙名(おとな)・若杉喜三太が、自邸に祀っていた南北朝時代の忠臣・楠木正成公の守護神(稲荷大神)を延宝元年(1673)、現在地に移したのがはじまりと伝えられており、また元文元年(1736)に長崎奉行・細井因幡守安明が参道を開削し、社殿を改築したのをはじめとして代々の奉行、人々の尊崇を集め、「古いお宮を若宮様」と親しまれています。
 明治維新前後、坂本龍馬など多くの志士達が参拝したことから勤皇稲荷(または勤王神社)とも呼ばれています。
 近くには坂本龍馬が立ち上げた亀山社中跡もあります。
若宮稲荷神社の坂本龍馬之像(下 写真)亀山社中跡の「坂本龍馬之像」が平成21年7月5日、若宮稲荷神社境内に移されました。
wakamiya05.jpg
posted by 太鼓山 at 09:06| 長崎 ☀| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

「長崎学さるく・竹ン芸」を見に行こう!!

「長崎学さるく・竹ン芸」を見に行こう!!
 秋空に男狐と女狐の面をつけた2人の若者が舞い踊るまさに空中曲芸
 若宮稲荷神社伝統の祭「竹ン芸」を見に行こう!
開催期間: 2019年10月15日(火曜日)11時30分〜17時
申込期間:予約開始9月1日〜10日前(10月5日)17:00まで
 若宮稲荷神社の竹ン芸はスリルで一杯!
長崎学さるくの申し込み方法
posted by 太鼓山 at 11:09| 長崎 ☁| 祭り・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

長崎郷土芸能大会

長崎郷土芸能大会
 長崎市には長崎くんちのほか、浮立や獅子舞などの郷土芸能が数多くあり、今でもバラエティに富んだ郷土芸能が保存継承されています。5地区の保存会が出演し、郷土芸能を披露します。
開催期間:2019年9月29日(日)13:00〜16:00 ※開場は11:30〜
開催場所:長崎市魚の町5−1 市民体育館(長崎市民会館内) 無料
出演地区東長崎地区・矢上平野浮立(ふりゅう)保存会 式見地区・相川町月の輪太鼓保存会 野母崎地区・長崎半島樺島ハイヤ節保存会 東長崎地区・中尾獅子浮立と唐子踊り保存会 西浦上地区・滑石竜踊保存会
posted by 太鼓山 at 13:55| 長崎 ☁| 祭り・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

長崎 竹ン芸の由来

長崎 伊良林の若宮稲荷神社竹ン芸
由 来
 1820(文政3)年、「長崎くんち」の奉納踊として八百屋町から初めて奉納されたと伝えられています。
 1896(明治29)年11月24日、神社改築工事完成ご遷宮式(せんぐうしき)が行われたとき奉納踊として奉納されたのが最初で、現在の若宮稲荷神社の例祭踊となっています。
 「竹ン芸」とは高い竹の上での白狐の踊りで、伝承としては、稲荷神社の使いものの狐が若宮社の御神徳をよろこんで裏の竹やぶで遊ぶのを写したものであるといわれています。
takengei6.jpg
芸能の種目
 長崎くんち奉納音曲(長崎県無形民俗文化財)の一つである竹ン芸囃子に乗って演じます。
 道行―宝珠印―横―つり下り―両扇― 大の字―男狐さか上り―女狐渡り―(女狐男狐)のカンタン夢の枕―
 (女狐)餅まき―(男狐)渡り―餅まき― (男狐)さか上がり―さか立ち―ゆり―逆おり
長崎の「竹ン芸」を見に行こう!!
若宮稲荷神社の竹ン芸はスリルで一杯!

posted by 太鼓山 at 08:44| 長崎 ☁| 祭り・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

息をのむような曲芸「竹ン芸」を見に来ませんか

息をのむような曲芸「竹ン芸」を見に来ませんか
秋空で舞い踊る!! まさに空中曲芸
竹ン芸・秋空に踊る狐
 男狐・女狐の面をつけた2人の若者が、高さ10m余りの2本の青竹の上で曲芸を行います。秋空で舞い踊るまさに空中曲芸です。
 曲芸の舞台となる青竹は、カセと呼ばれる足かけ棒が15本つけられた「昇り竹」と、カセが4本の「振り竹」が台に取り付けられているだけです。人の命を預かる、強靱な青竹を探すのに保存会の方は毎年苦労するそうです。
 囃子(はやし)方の楽器には、かつては唐笛(とうぶえ)・パラパラ(片面張りの太鼓)・小鉦(キャンキャン)・胡弓(こきゅう)が使用されていましたが、現在は唐笛と締め太鼓と三味線に変わっています。
 この祭り囃子にあわせ浮かれて遊ぶ狐のように、青竹がユラリユラリと一定の速度で揺り動かされ、揺れるたびに集まった観衆から歓声があがります。不思議な響きのお囃子と、どこかのどかで単調な『ア、ヨイショ』のかけ声のもとで、まさに息をのむような人間離れした空中曲芸が行われます。
 神社の使いである男狐と女狐の面をつけた2人の若者が行う「竹ン芸」。
是非見に来て下さい、お待ちしております。
若宮稲荷神社の竹ン芸はスリルで一杯!
takengei1-thumbnail2[1].jpg
posted by 太鼓山 at 08:52| 長崎 ☔| 祭り・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

「竹ン芸」を見に行こう!

若宮稲荷神社伝統の祭「竹ン芸」 長崎市指定無形民俗文化財
「長崎学さるく・竹ン芸」
 秋空に男狐と女狐が舞い踊る!!「竹ン芸」を見に行こう!
 長崎には「長崎くんち・諏訪神社の秋季大祭」のほか沢山の秋祭りがあります。長崎市伊良林(亀山社中そば)の「若宮稲荷神社に伝わる竹ン芸」もその一つです。
 今回、学んで食べてお腹も好奇心も大満足の参加型の「学さるく」が企画されました。観光案内は「長崎さるくガイド・石だたみ班」、そして、専門家による「竹ン芸」講座後、「竹ン芸」の観覧。楽しんだ後は長崎名物「ミニ卓袱(しっぽく)」をいただきながらの語らい。
たくさんのご参加をお待ちしております。
開催日時:2019年10月15日(火曜日)11時30分〜17時
申込期間:予約開始9月1日〜10日前(10月5日)17:00まで
主催・お申込み予約は 長崎国際観光コンベンション協会 長崎さるく受付
長崎学さるくの申し込み方法
【初登場】若宮稲荷神社の竹ン芸はスリルで一杯!
「さるく」とは、まちをぶらぶら歩くという意味の長崎弁です。
takengei3.jpg


posted by 太鼓山 at 10:28| 長崎 ☔| 祭り・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孔子廟 孔子祭

孔子廟 孔子祭

 儒学の始祖、孔子の生誕(起源前551年)を祝うお祭りです。
 中国に古くから伝わる儀式を明時代そっくりに再現した豪華版の祭礼には、中国獅子舞による舞いも飛び出し、たくさんの見物客で賑わいます。
開催期間 : 2019年9月14日(土) ※ 午後2時より
開催場所 : 長崎県長崎市大浦町10-36 孔子廟
通常料金 : 大人600円、高校生400円、小中学生300円
posted by 太鼓山 at 09:55| 長崎 ☔| 祭り・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎居留地まつり(ながさききょりゅうちまつり)

長崎居留地まつり(ながさききょりゅうちまつり)

 異国情緒あふれる長崎ならではのイベントです。
 グラバー園をはじめ、旧外国人居留地(東山手、南山手、大浦地区)に残る歴史的文化遺産を活かした異国情緒あるお祭り。誰もが気軽に参加できる、多彩で楽しいイベントが開催されます。
開催期間 : 2019年9月14日(土)〜16日(月)
開催場所 : 長崎市 グラバー園ほか東・南山手地区

posted by 太鼓山 at 09:53| 長崎 ☔| 祭り・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!