2014年08月16日

長崎の盆

長崎の盆
精進落ち(しょうじんおち)のご馳走
 長崎の市民は鶏肉を冬瓜(トウガン)ときくらげをいっしょに煮て食べるのが習わしでした。鶏肉がない時は豚肉、海老などを代用していました。この料理が精進落といわれていました。
 中国風俗の感化で精進落としというよりむしろ浄土に旅たった方への無事を祈る「あとにぎやかし」というべきであるとする説もあります。
 初盆の家では17日に精進落ちをするのが習わしです。しかし、今日では他と同じく16日にすましてしまうようです。
冬瓜と鶏肉の吸い物の作り方「材料4人分」
冬 瓜  200g(種を取り除き、皮をむいて1cm角のサイコロ状に)
鶏 肉  100g(1cm角に切る)
きくらげ 2g(水で戻しておく、石づきを取り1cm角に切る)
水    カップ3
調味料 塩小さじ3/5、薄口醤油小さじ1、酒大さじ1、こしょう少々
小ネギ 4本(小口切り)
「作り方」
1.水から冬瓜、鶏肉、きくらげを入れ、煮立ったらアクを取り除く。
2.冬瓜が柔らかくなったら調味料を加え、小ネギを添える。

新刊 絵本・「被爆クスノキの追憶」人々に生きる力をくれた大樹の物語
紀伊國屋・メトロ書店・楽天ブックス他ネットストアにて取扱中
posted by 太鼓山 at 10:40| 長崎 ☔ | TrackBack(0) | 文化と風習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が散策して、ひらい出した最新の人気商品はこれ!